化粧の悪いところ:

2014-12-18

ともかくも乾燥肌が毎日の暮らしや周辺環境に深く関係しているのであれば、
いつもの身辺の習慣に気を付ければかなり乾燥肌のトラブルは解決します。


美白(びはく)という考え方は1990年代の終わり頃に化粧品会社創業者の鈴木その子が火付け役となってブームにまでなったが、
もっと昔からメラニンが原因の黒ずみ対策において使用されていた。


どこにも問題のない健康な人にもみられるむくみだが、
これはごくごく自然なこと。
殊に女性は、脚のふくらはぎのむくみを嫌がるようだが、
人間なら、下半身が浮腫むのはいたって正常な状態である。


現代を生きていく我らには、体の内側には人体に良くない影響を及ぼす化学物質が溜まり、
更に自身の体の中でも細胞を傷つけるフリーラジカルなどが次々と生まれていると言い伝えられているようだ。


中でも夜の10時~2時までの4時間は皮膚のゴールデンタイムで、
皮膚の生まれ変わりがより一層活性化します。
この240分間に睡眠を取ることが一番有効なスキンケアの手法だということは間違いありません。


皮ふの奥で生み出された細胞は少しずつスローペースで皮膚の表面へと移動し、
結果お肌の表面の角質となって、
約28日経つと自然にはがれ落ちていきます。
これらの活動こそが新陳代謝の内容です。


下まぶたのたるみの解消・改善策で効果が高いのは、
ずばり顔のストレッチ体操です。
顔面の表情筋は無意識なのに固まっていたり、
感情に関わっている場合が頻繁にあるようです。

運動や入浴で汗をかいて

2014-12-17

アイラインなどのアイメイクを落とす時にきれいに落としたいがためにゴシゴシと強くこするようにクレンジングした場合、
肌が傷んだり酷くなれば炎症を起こして色素沈着が起こり、
目の隈の原因となるのです。


「デトックス」術には危険性やトラブルは本当に無いと言えるのだろうか。
第一、体内に蓄積される「毒」というのは一体どのようなもので、
その「毒素」とやらは「デトックス」の力で排出されるのだろうか?

コラーゲンは、UVに直接当たってしまったり乱暴なマッサージなどによる刺激を与えられてしまったり、
仕事などのストレスが澱のように溜まったりすることで、
破壊され、最終的には生成することが困難になっていくのです。


ピーリングというのは、時間の経ってしまった角質を専用化粧品などでピール(peel:はぐの意味)し続けることにより、
生成されて間もないダメージのない肌(角質)に入れ替え、
ターンオーバーを促す人気の美容法なのです。


美白(びはく)という美容法は1990年代の終わり頃に美容家で料理研究家の鈴木その子の台頭とともに人気になったのは記憶に新しいが、
それより前からメラニンが原因のトラブル対策に対して採用されていた。


化粧品の力を借りてアンチエイジング「老け顔」にさよなら!肌の質をきちんと把握して、
あなたにぴったりの基礎化粧品を選び、
間違いなくケアして「老け顔」とおさらばしましょう。


日本皮膚科学会の診断の目安は、
①強い掻痒感、②特徴的な発疹とその拡散エリア、
③慢性・反復性の経緯3項目すべてチェックが入る病気を「アトピー性皮ふ炎」と言っています。


美容悩みをなくすには、最初は自分の臓器の調子を調査することが、
よりきれいになるための第一歩です。
ここで知りたいのが、一体どんな方法で自分の内臓の調子を確認するのでしょうか。

どこにも問題のない健康な身体

2014-12-16

意識していなくてもパソコンに集中してしまって、
眉間にはしわ、その上への字ぐち(因みに私は別名「富士山ぐち」と言っています)になっているのでは?これはお肌の大敵です。


メイクアップではアザなどを隠す行為に主軸を据えるのではなく、
メイクを通して最終的には患者さん自身が自分の容貌を認め、
社会復帰を果たすこと、またQOL(クオリティーオブライフ)を今よりも挙げることが目標なのです。


乾燥肌とは、皮ふに含まれる角質細胞間脂質(セラミド)と皮脂分泌の量が通常の値よりも目減りすることで、
お肌(皮ふ)から水分がなくなり、
表皮がカサカサに乾く症状を示しています。


歯のビューティーケアが肝心と捉えている女性は増加しているものの、
実生活に取り入れているという人はそう多くはない。
その理由の中で一番多いのが、「自分一人ではどう手入れすればよいかいまいち分からないから」という思いだ。


美白用化粧品だと広告などでアピールするためには、
まず薬事法担当の厚生労働省に許可された美白成分(ほとんどアルブチン、
コウジ酸等)を使用する必要があります。


化粧の長所:自分の顔を少し好きになれること。
顔に無数に点在するニキビ跡・クスミ・毛穴・ソバカス・ひっかき傷等を隠すことが可能。
日を追うごとに美しくなっていくという高揚感。

更に日々の暮らしのストレスで

2014-12-14

デトックスという言葉そのものは世に登場して久しいが、
これはあくまで代替医療や健康法として考えていて、
「治療」とは違うことを分かっている人は意外なほど少ないようだ。


メイクアップの短所:ランチタイムには化粧直ししなくちゃいけない。
クレンジングして素顔に戻った時のガッカリ感。
化粧品にかかるお金が痛い。
素顔だと人に会えない強迫観念に近い思い込み。


美容外科(plastic surgery)は、
正しくは外科学のジャンルであり、
医療に主眼を置いた形成外科学(plastic surgery)とは異なっている。
また、整形外科学とも勘違いされやすいのだがこれはまったく分野が違っている。


コスメで老化対策「老け顔」大脱出キャンペーン!あなたの肌質をちゃんと見極めてあなたに合うコスメを選び、
正確に肌ケアして「老け顔」に別れを告げましょう。


夏、長時間にわたって紫外線を浴びたときに肌のダメージを抑える方法を3つ。
1.日焼けして赤くなっている部分を冷やす2.十分に化粧水を付けてきちんと潤いを保つ3.シミを防ぐためにもはがれてきた表皮を剥いては駄目

常日頃からネイルの状態に気を配ることで、
一見何でもないようなネイルの異変や身体の異常に対処して、
もっと自分にふさわしいネイルケアを発見することが可能になるのだ。


尿素水とグリセリン(glycerine)にヒアルロン酸を添加している美肌水は肌に優しく、
肌が乾燥しやすい人に効果があります。
防腐剤や芳香剤などを加えておらず、
肌の敏感な人でも使用することができます。

日本皮膚科学会

2014-12-13

湿疹などに悩まされるアトピー性皮膚炎の原因として、
1.腸内や皮膚、肺、口腔内等のフローラ(細菌叢)、
2.遺伝的な原因、3.栄養面での要因、4.環境面での因子、5.これ以外の要素の見方などが挙げられるだろう。


リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)には、
肉体の機能にダメージを負った人のリハビリテーションと同じく、
顔などの外観にダメージを受けた人が社会に新たな一歩を踏み出すために学ぶスキルという意味があるのです。


ビタミンA誘導体であるトレチノイン酸を用いた治療は、
目立つ濃色のシミを短期間で薄い色にするのに格段に適している治療法で、
40代以降にみられる老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・女性ホルモンと関わりがある肝斑・しつこく繰り返すニキビなどに効きます。


メイクアップの利点:容貌が向上する。
メイクも嗜みのひとつ。
実際の歳より年上に写る(あくまで20代前半まで限定の話)。
人に与える自分のイメージをその日の気分で変えられる。


内臓が元気かどうかを数値で確認できる性能の良い機械があります。
『ノイロメーター』という名称の医療機器で、
自律神経の状況を調査して、内臓の具合を把握しようという高機能なものです。


お肌の奥底で生まれる細胞はスローペースで皮ふの表面へと移動し、
最後は皮膚の表面の角質層となって、
約28日経てばはがれていきます。
これらの活動こそが新陳代謝というわけです。


美容外科の施術を行ったことについて、
恥ずかしいという気持ちを抱く方も多いようなので、
手術を受けた人のプライドと個人情報を冒涜しないような心配りが重要だ。


美容悩みをなくすには、最初は自分の臓器の元気度を検査してみることが、
ゴールへの近道になります。
ということは、一体どんな手段を用いれば自分の内臓の具合が判断できるのでしょうか。

« Older Entries
Copyright(c) 2014 男は「美容」で9割変わる All Rights Reserved.